レンタルサーバー比較まとめ

【2022年】おすすめのレンタルサーバー【1000円前後のプラン19社比較】

自社ホームページ立ち上げや、個人ブログを始めるために、まず必要になるのがレンタルサーバーです。レンタルサーバーについて調べている方は、種類が多くどれを選べば良いの?と感じているかと思います。

本記事では、最適なレンタルサーバーの選び方の参考になるよう、2022年の最新情報を調査し、各社のおすすめプランを一覧で比較レンタルサーバーの選び方のポイントもご紹介しています。

さらにそこから、「個人ブログにおすすめ3選!」「法人向けおすすめ3選!」をご紹介します。

・19社のレンタルサーバー比較
・個人向けおすすめ3選
・法人向けおすすめ3選
・レンタルサーバーの選び方
・初心者が迷ったらコレ!

レンタルサーバー比較表

レンタルサーバーでよく名前を聞く有名なブランドをまとめました。その中から月額約1000円程度を基準に、料金とスペックのバランスが良いものを選び比較しています。

キャンペーンなどの割引は適用していない料金を掲載しています。割引キャンペーンを行なっているサーバーもありますので、気になる方は、比較表から公式サイトへリンクしてご確認ください。

▼横スクロールできます。

 

プラン

初期費用

月額料金

ディスク
容量

転送量

マルチ
ドメイン

メール
アドレス

データ
ベース

WP簡単
インストール

バックアップ

電話サポート

ロリポップ(by GMOペパボ)

ハイスピード

0円

550円~

400GB

無制限

無制限

無制限

無制限

ConoHa WING(by GMO)

ベーシック

0円

660円~

300GB

無制限 無制限 無制限 無制限 ○ 

シン・レンタルサーバー

ベーシック

0円

770円~

300GB

無制限 無制限 無制限 無制限

○ 

○ 

エックスサーバー

スタンダード

3,300円

990円~

300GB

無制限 無制限 無制限 無制限 ○ 

ヘテムル(by GMOペパボ)

1プラン

0円

1,100円~

500GB

40TB /月

無制限 無制限 無制限

さくらのレンタルサーバ

プレミアム

0円

900円~

400GB

無制限

300個

無制限 100個 ○  ○ 

mixhost

スタンダード

0円~

990円~

300GB

無制限 無制限 無制限 無制限

お名前.comレンタルサーバー(by GMO)

1プラン

0円

990円~

400GB

無制限 無制限 無制限 無制限

カラフルボックス

BOX2

0円

968円~

300GB

無制限 無制限 無制限 無制限  ×

コアサーバー(by GMO)

CORE-Y

1,650円 

690円~

500GB

20TB / 月

無制限 無制限 無制限  ×

バリューサーバー(by GMO)

スタンダード  2,200円 

367円~

100GB 

300GB/月

無制限 無制限 無制限 × × 

XREA(by GMO)

XREA Plus

0円

210円~

100GB

64 GB / 日

64個

100 個

5個 150円 / 月 ×

スターサーバー

ハイスピード

0円

550円~ 

320GB

900GB/日

無制限 無制限 無制限  × ×

カゴヤ・ジャパン

共用サーバーS22

3,300円

1,760円~

200GB

無制限 無制限 無制限 無制限

CPI

共用サーバーSV-Basic

0円~

4,180円~

300GB

無制限

10個

無制限 5個 ○  有料

ラクサバ

ラクラクベーシック

1,568円~

420円~

30GB

200GB / 月

20個

100 個

10個

リトルサーバー

リトルプラン

920円

250円~

60GB

90GB / 日

無制限 無制限 10個 ×

エクストリム

ベーシック

1,100円

209円~

10GB

非公開

50個

50個

5個  ○ 

ウィンサーバー

STARTER2019

2,200円

990円~

10GB

非公開

50個

50個

10GB  ○  ×

個人ブログ向けのレンタルサーバー3

【おすすめ1】エックスサーバー

国内シェアNo.1!
コスパ最高人気のレンタルサーバー

【おすすめ2】ロリポップ!(by GMOペパボ)

国内シェアはXサーバーに次いで2位!
低価格のプランも機能充実で豊富な選択肢

【おすすめ3】ConoHa WING(by GMO)

2018年のサービス開始から利用者急上昇

法人向けのレンタルサーバー3

【おすすめ1】エックスサーバー

法人向けプランも充実
シェアNo.1の安心感

【おすすめ2】CPI

法人向け特化!マルチドメインごとに
1TBの容量が増えるのがありがたい!

【おすすめ3】さくらのレンタルサーバ

業界の老舗が管理画面リニューアル!
モリサワWEBフォントの特典はすごい!

レンタルサーバーの選び方

1.利用者数の多さ

利用者が多いということは、コストパフォーマンスが良い証拠。費用、スペック、管理画面の使いやすさ、バランスが取れているからこそ人気がでます。

また、利用者が多ければ多いほど、利用者の意見は無視できなくなるので、利用者の声が反映されより良いサービスへ改善されやすくなります

さらに、利用者が多ければ、ネット上に情報もたくさんあるので、問題が解決しやすくなります。電話サポートサービスは心強いですが、すぐに繋がらないことが多いので、まずは検索しますよね。

2.サポート体制

いざという時は電話サポートのサービスがあると安心。特に法人であれば問題を放置するわけにはいかないので、電話サポートは選ぶときに必ずチェックしておきたい項目です。

3.サーバースペック

性能は重要ですが、上記の比較表に記載されたプランであれば、これから会社の新しいホームページを立ち上げる場合や、個人ブログを運営するには十分なスペックだと思います。

目的に合わせたポイントをチェックしておきましょう。

  • WordPressでブログを運用
    → WordPress簡単インストール
  • 複数サイトを運営
    → データベース、マルチドメインの数が足りるか
  • バックアップ機能
    → データが消えたら終わりですからね

初心者がもし迷ったらコレ

レンタルサーバーの選び方について紹介してきましたが、それでもまだ迷ってしまうという初心者の方は、ロリポップのハイスピードプランがおすすめです。

・GMOペパボという大手レンタルサーバーが運営
・シェア率も国内TOPクラス
・初期費用0円、月額550円〜の価格で十分なスペック
 
 

レンタルサーバー比較まとめ

レンタルサーバーはさまざまな料金やサービスがあり迷ってしまうと思います。本記事の比較表、おすすめ、選び方を参考にしていただき、目的にあった合ったレンタルサーバーをお選びください。

人気のレンタルサーバー19社を比較。月額1,000円前後で高機能なプランを選定しました。個人ブログを始めたい方、企業の自社ホームページを立ち上げたい方は参考にしてください。

【2022年】おすすめのレンタルサーバー比較